さよなら ルーミィお姉ちゃん

2013-12-04

こんにちは ころん です

題を読んだ方は解ると思いますが、ルーミィお姉ちゃんが12月4日午前0時25分虹の橋を渡りました

12月2日はいつもと変わらずご飯をまずまず食べていたお姉ちゃん
でも12月3日の朝からご飯も水も飲まず荒い呼吸をしていたんだって
それを聞いたママが夜20時新幹線で ころん とゆうと君とを一緒に新潟に連れてきてくれたんだ
22時お家に着くと
ルーミィお姉ちゃんはまだ荒い息をしながら 頑張ってたんだ








ルーミィお姉ちゃんが アタタだって聞いたら 眉を八の字にして悲しそうな顔をして
がんばれーって 優しくお姉ちゃんの頭を撫でてあげるゆうと君










ころん もいつもと違うルーミィお姉ちゃんに 心配になってウロウロ
頑張れお姉ちゃん!
ころん も傍にいるよ










ルーミィお姉ちゃんの傍で 様子を見てたけど、やっぱり落ち着かないや

そして 荒い呼吸が徐々に穏やかになってきて お?少し落ち着いてきたのか?って思ったんだけど
最期に ぐ~~~って声がしたと思ったらルーミィお姉ちゃん 虹の橋を渡ってしまったんだ
家族全員に見守られながらの最期
12時も過ぎているのに 眠くないっていって ゆうと君もずっと傍にいたんだ

お姉ちゃんが虹の橋を渡った直後
ポトンって ゆうと君も寝ついちゃった

ルーミィお姉ちゃんったら
毛艶も顔もお尻もキレイなまま
まるで眠るかのような最期だったよ










ルーミィお姉ちゃんの宝物の恐竜のぬいぐるみ
これをいつも咥えてお客様を出迎えたり、枕にして寝てたっけ
ホントただ寝ているみたいなお姉ちゃん



ここからは虹の橋を渡ったお姉ちゃんに会いたくない方はそのまま文章だけどうぞ
お姉ちゃんに会いたい方は写真をクリックしたらすべてみれます









翌日になって冷たくなってるルーミィお姉ちゃんを見て
みぃーみぃ(ルーミィ)ネンネ?ってママに聞いてる ゆうと君

そうだよ もうルーミィはずっとネンネ
もう起きないんだよってママ










そしたら おもむろに ゆうと君
以前お姉ちゃんと ころん と ゆうと君で食べてたボーロを ルーミィお姉ちゃんの前で食べ始めた
まるでお通夜の通夜振る舞いをしているみたいだねってママ











冷たいお姉ちゃんの足を撫でながら
みーみぃ(ルーミィ)ツルツル かわいいねぇ~
っと ずっと言ってた ゆうと君









ずっと会いたかったお姉ちゃん
そして やっとギュってしてもいいって許可がおりた途端
お姉ちゃんにギューってしながら
かわいい みぃーみぃ ツルツルね かわいいねぇ~
ころん フワフワ かわいいねぇ~って 言ってた

ゆうと君やっと お姉ちゃんにギュってできてよかったね
お姉ちゃん15年間 がんばったね
ころん とは3年間くらいしか会えなかったけど、楽しかったよ
いっぱい いろんな美味しいもの一緒に食べたもんね
散歩も一緒にいろんなとこ行ったね

虹の橋のたもとで 遊んで待っててね
ころん が行く時は ちゃんと迎えにきてね
ルーミィお姉ちゃん ありがとう











みなさん こんにちは ころん のママです
今までルーミィを応援してくださってたみなさん
本当にありがとうございました
ルーミィはみんなに愛され15歳まで生きることができました
最期も寝たきりになるのかなって思ってたのに、まったく手のかからない眠るような最期でした

最後に ブログの中にでてきた 虹の橋という詩を紹介しておきますね



天国の一歩手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所がある。
地上にいるだれかと親しくしていた動物は、死ぬとその『虹の橋』へ行く。
そこには、草地や丘がひろがっていて、
動物たちはいっしょになって走ったり遊んだりすることができる。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく、快適に過ごしている。
病気にかかっていたリ歳をとったりしていた動物たちは、
ここに来て健康と活力を取り戻し、
傷ついたり不具になったりした動物たちも、
もとどおりの丈夫な体を取り戻す。
過ぎ去りし日の夢の中でのように。




動物たちは幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満がある。
それぞれにとって特別なだれかが、
あとに残してきただれかがいないのを
寂しく感じているのだ。




動物たちはいっしょに遊んで時を過ごしている。
しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。
目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。
突然、彼はみんなから離れて、緑の草地を跳ぶように走っていく。
あなたを見つけたのだ。
とうとう出会えたあなたたちは、抱き合って再会を喜びあう。
もはや二度と別れることはない。
喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友の頭と体をふたたび愛撫する。
そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞきこむ。
あなたの人生から長いあいだ姿を消していたが、
心からは一日たりとも消えたことがないその瞳を。




それから、あなたたちはいっしょに『虹の橋』を渡るのだ。

今まで ありがとう ルーミィ
また虹の橋で会おうね






よろしければ応援のクリックをそれぞれにお願いいたします



にほんブログ村 犬ブログ キャバプーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ルーミィ姉ちゃん、虹の橋を渡ったんですね・・・

いつも穏やかで優しくて、そしてみんなに愛されていたルーミィ姉ちゃん。
ルーミィ姉ちゃんのことを思い出しながら涙が溢れました。
ころんちゃんのブログを通じて、お目にかかることができて
私まで楽しませていただきました。

赤ちゃんの悠人くんに静かに寄り添う姿、歩くのが大変になった時
ご家族が愛情を込めて作られた補助車を使ってお散歩する姿・・・
いつも穏やかな気持ちにさせてもらいました。

ルーミィ姉ちゃん、ありがとうございました。

大切な家族が逝ってしまうのは本当に寂しいものですが
ルーミィ姉ちゃんのように最後まで穏やかに召されるのは
ご家族の愛がルーミィ姉ちゃんに届いているからですね。

虹の橋を渡って、足も良くなって、きっと元気で走り回っていますね!
あちらには我が家のウリじぃもヒカじぃも居ます。
いつか私もみんな逝きます。
その時は、シホと遊んでくださいね!

No title

この日のブログを読んでから、なかなかコメントできずにいました。
もちろんルーミィお姉ちゃんには会ったこともないのだけれど、ころんちゃんやゆうと君との交わりが何とも暖かくて癒されていました。
お母さん大丈夫でしたか?
私は何年もひきずってしまったので心配です。

うらんのしっぽさんのお母さんと私は同じ年くらいでしょうから。

みんなに看取られて安らかな寝顔でしたね。

ルーミィお姉ちゃん旅立ちおめでとう

ルーミィちゃん、ついに虹の橋のたもとへ旅立ったのですね。

今はいなくなってさみしいけれど、これから少しずつ
思い出が宝物となってあちこちに現れるたびに
心があたたまることでしょう

みんなに見守られて旅立ったルーミィちゃんは幸せ
ルーミィちゃんの最期を見守ることのできたみんなは幸せ

ルーミィちゃんおつかれさま
また家族に会えるそのときまで虹の橋のたもとで
安らかなときを・・

やさしいゆうとくん、豊かな体験ができましたね
ママさん、ママさんのママさんも どうぞ
ゆっくりと過ごされますよう・・^^

Chipoさんへ

ルーミィを応援してくださってありがとうございました。
穏やかな 本当に穏やかな最期でした。

もっと寝たきりになって 介助が必要になるだろうから、またいいアイデアを考えなきゃとか、もっと楽な補助具はないかと考えたりしていたのに、何も必要ないよ もう大丈夫だよって感じで あっさりと逝ってしまいました。
いつかは別れの時がくるとは思ってましたが、あまりにもパタパタと逝ってしまうので 今でも夢ではないかと思うくらいです。

私たちの到着を待っててくれたルーミィ
本当にありがとう っという思いでいっぱいですね

ルーミィ ウリじぃ と ヒカじぃ と一緒に遊んでるでしょうね
いろんな友達と楽しく遊んで待っててね

舞妓ままへ

今までルーミィを応援してくださってありがとうございました。
ルーミィのファンだってブログを通して聞いてから、ルーミィのファンがいるんだって ってルーミィに話したりしたことを思い出します。

15年も一緒に住んでいた家なので、母も全ての動きにルーミィと○○したな とか ルーミィが寝てた場所、遊んだ場所、ご飯やオヤツを食べた場所と ルーミィのことばかりが頭をよぎるそうです。
ご心配ありがとうございます と母も申しておりました。

家族全員がそろってルーミィを看取ることができたのは 本当によかったです。
いつかは別れなければいけないと解っていても、なかなか受け入れられないですよね

しばらく悲しんだら 楽しい思い出だけが頭の中で輝くと思います。
ルーミィはいませんが、これからも ころん のブログをよろしくお願いします

ちまさんへ

ありがとうございます。
ついに逝ってしまいました。
いつかは別れなければならないのは解ってましたが、いざとなると別れたくないとダダをこねたくなりました。

ちまさんに作っていただいた洋服はルーミィの記念に大切にとってあります。虹の橋に持って行ってもらうかとも考えたんですけどね。本当にありがとうございました。

家族そろってルーミィを看取ることができたのは本当によかったです。ルーミィ待っててくれてありがとう です。

ゆうともいい経験になったのではないかと思ってます。
もうルーミィはいませんが、これからも ころん のブログを よろしくおねがいします
プロフィール

うらんのしっぽ

Author:うらんのしっぽ
こんにちは キャバプーのころん(名前)です。
私のお茶目なところ 是非みていってね~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR